家庭のレンジフードの主な成分は油と埃です。
油が熱や光、酸素によって水飴の様な変性油に変化し、更に進行すると樹脂状に変化してきます。
鉄に付着していると樹脂化が進行し硬化します。
この汚れを落とすためには分解洗浄する必要です。
分厚く付着した変性油は削ぎ落とす必要があります。
変性油の量が多くなってくると溶け出して垂れてくることもあります。
シロッコファン・内部(カタツムリ/ケーシング)に溜まりやすくなります。

家庭のレンジフードの分解洗浄

家庭のレンジフードの分解洗浄 家庭で分解洗浄を行うときには、周囲に汚れが付かないように養生してからレンジフードのフェルター、フアンを取り外し約60度くらいのお湯にワイドマジックリンやキッチン用アルカリ洗剤などの洗剤液に漬け置きします。
へらなどを使用して変性油を削り落としながら漬け置きします。
羽の部分は掃除が難しくなりヘラなどで細かく落としていきます。
フェルターは裏から掃除して、表側に油を押し出すようにしながら洗います。
家庭のレンジフードを清掃洗浄する頻度は、使用条件によって異なりますが、揚げ物料理を毎日行うようでしたら年1回程度を目安すに行うことで換気効率を落とさず使用できます。
自分でやってみたけど汚れが落ちきらなかった場合には、レンジフードの掃除をプロのハウスクリーニングにお任せするのもおススメです。

貴方の苦労を減らします!家庭のレンジフードを分解洗浄の仕方

貴方の苦労を減らします!家庭のレンジフードを分解洗浄の仕方 ご自宅にあるレンジフードの汚れが気になる事はありませんか?1番厄介なのは、レンジフードについた汚れを落としきる事ではないでしょうか。
レンジフードの中を定期的に掃除すると長く使用する事ができます。
掃除をしないと、キッチンの場合は換気扇に汚れが溜まってしまい換気効率が落ちて部屋に臭いがこもってしまい一苦労です。
モーターにも負担がかかる為に故障の原因にもなります。
ひどい場合は、換気扇周辺にも影響を及ぼしてしまいます。
レンジフードを一度分解洗浄してみるなどしてご自身お家庭にある換気扇について見直してみてはいかがでしょうか。
分解洗浄といってもどのように実施したらよいか分からないかもしれません。
シロッコファンに関していうと、まずはレンジフードのカバーを外して中のシロッコファンを取り出します。
分解すると羽根の部分が油でびっしりと汚れています。
この時に、60℃のお湯につけ置きする事で汚れがより落ちやすくなります油汚れが溜まる事で酸性になりますので、アルカリ性の洗剤を使ってつけ置きします。
つけ置きをした後にブラシで磨くだけでするすると油汚れが落ちていきます。
本体は、羽根を一枚ずつ丁寧に掃除していきます。
ブラシなどを使用して綺麗に汚れを落とします。
最後は取外しとは逆順に取付けて完了となります。

レンジフードの情報サイト

レンジフード 分解洗浄